魚類

2022年6月30日 (木)

-485- じゃぶじゃぶ海水プール、夏に向けて...

皆さん、こんにちは!

最近はとても暑い日が続いていますね💦

そんな中でも、涼しくなる良いお知らせがあります!

なんと、6月6日(月)から整備のため中止していたじゃぶじゃぶ海水プールが

7月2日(土)から再開します!!

整備といっても、約1ヵ月の間どのようなことをしていたのか気になりますよね?👂

今回は、じゃぶじゃぶ海水プールが綺麗になっていく過程を少しお見せしたいと思います!

 

 

 

まずは、じゃぶじゃぶ海水プールの水を全部抜くために、

お魚たちを水族館の裏側に移動させました。

お魚たちを移動させ、水を抜いた後の様子👆

 

 

その後は、壁と床にハイターをかけ、ブラシで擦って綺麗にします!

1枚目の写真と比べると、とても綺麗になりました~👏✨

 

 

 

それから、塗装し乾かした後、海水を溜めてお魚たちをプールに戻しました!

その様子は敢えて最後までお見せしません!👀

 

 

是非、水族館まで足を運んで、

綺麗になったじゃぶじゃぶ海水プールへ遊びに来て下さいね🎵

2020年5月31日 (日)

-436- 福井県でも捕れました!

みなさんこんにちは😊

 

今回紹介する生き物はこちら!

Img_3921

 

その名も、テングダイ🐟

 

暖かい海に多く、福井県で見られることはめずらしい魚です✌

 

口が尖っている変わった形をしていますよね!

 

その口にはなんと、「ヒゲ」 があります👴

 

Img_8135

 

このヒゲは、餌を探すのに役立ちます。

 

水族館では、クモヒトデやイソメをあげています!

 

Img_8142

↑クモヒトデ

Img_3924

↑イソメ

 

かなり気持ち悪い見た目ですよね・・・😂

 

始めは、なかなか食べてくれなかったけど、

今では、たくさん食べています✌

 

現在、おさかな館のラブリーフィッシュコーナーにて展示しています🐟

 

いつまで展示できるかわかりませんが、

是非、テングダイの元気な姿を見に来て下さいね😊

2020年4月 1日 (水)

-433-¥金運アップするってよ¥¥

みなさん、こんにちは😊


まず、謝ります。

すみません、

タイトルは全くの嘘です😅

ごめんなさい出来心です🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️

(はい、気を取り直して)


今日紹介する生き物はこちらっ!


Cd1a1f6d793d4cf2a7e4f53d64997775


はい、オニオコゼです!しかも黄金🥇

なんとですね、今月も色違いです😳😳


オニオコゼは通常黒褐色(見切れていますが写真右隣に居ます😅)

の体色で岩などに擬態して海底に

生息している魚ですが、

今回全身黄金に輝くオニオコゼが

水族館にやって来ました✨

しかもでかい!!



実はオニオコゼ自体は

比較的体色変異の多い魚ですが

ここまで全身が黄金の個体は

私は初めて見ました!



いつまで展示できるかわかりませんが、

今は元気に他のオニオコゼやミノカサゴたちと

同じ水槽で暮らしています!


41e0e3430d5141a7bf922d9f0b1b7c1d

2020年3月 1日 (日)

-431-10年振りのご来館

みなさん、こんにちは😊


今日紹介する生き物はこちらっ!




550079da51a64a08b8cdf8e1ce181734


はい、越前がにです🦀



ただ、よく見てください!


皆さんお気づきですか?


なんと、この中に!!!


644ba86efbb841e7820cd2dfa01ed097


白いカニがいるではありませんか!!!!


この個体も同じくズワイガニで、

詳しくはわかってませんが

遺伝子に異常はなく、

突然変異の白化現象と思われます。



まあ要するに、

とっっっても珍しいってことですね✌️✌️

(どれぐらい珍しいかと言うと

水族館で展示するのは10年振りだそうです)


この個体は、2020年2月14日に

水族館のある三国町の港で水揚げされました!

そのため、れっきとした越前がにで

ちゃーんと黄色いタグ付きです!



そんなとっても珍しい白いズワイガニ、

なんと今回は触れます!すごいっ!


現在、海の幸タッチコーナーにて

元気に展示してます🦀🦀


この機会にぜひ、紅白のめでたい

ズワイガニ達にふれあいに来てくださいね!



Eff31bbe95b74b6580e1054a50c6e455





*3月1日現在、白いズワイガニをご覧になれますが、

全てのふれあい体験は中止しております。

ご来館の際は最新情報をお確かめください。


2019年10月 7日 (月)

‐421‐生き物採集~乗船編~

生き物採集に行ってきました。

 

今回は、台風18号が来る直前に水族館がお世話になっている漁師さん達の船に乗せていただきました。

集合は午前3時、水族館の魚を入れる水槽や網等を船に乗せてもらい出港しました。

Photo_20191004200304

夜の海は真っ暗で何も見えません。この日は曇りのため、星も見えず残念でした。

Photo_20191004200401

陸の明かりが良く見えます。

そして、定置網を仕掛けてある場所に到着しました。

Photo_20191004200302

 

Photo_20191004200301

風や波はほとんどない為、船酔いしやすい自分には非常に助かる状況でした。

大きな網を支えるためにロープは太さがあり、それらは水を吸って非常に重くなっています。

ロープを巻き取る機械と最後にはクレーンも使って網の中にいる魚を

逃がさないようゆっくりと魚を捕まえる網を持ちあげていきます。

 

そして、どんな生物たちと出会えるかワクワクしていると

 

 

アオリイカ10数杯、スズキ40~50cm??1匹、カワハギ10cm??数匹

以上!!

総計3キロかなと漁師さん達の目視判断。

(仕事の邪魔になるため、写真がないです。すみません。)

漁師さん達も今まで経験したことないくらい生き物が獲れず、何も持って帰れませんでした。

前日は総計800キロの魚が獲れていたのに…。

 

 

実は、この日海中の流れが非常に早く、現場に付いた漁師さん達は

経験から魚を捕まえる網までうまく魚を追いこめてないだろうと考え、

本来は網をあげない判断をする日でした。

しかし、自分が乗船していた為、生き物がいるかもしれないと網をあげてくれたのです。

途中の網には目視にてダツやバショウカジキ、青物、フグ、クラゲ2種類と確認できていたのに、魚を捕まえる網まで追い込めていないとは運がなかった…。

 

自然相手な為、自分の思った通りに行くわけがなく、次回再チャレンジです!!

 

                                  ~かず~

2017年3月26日 (日)

-385- 新展示

「生きている化石」を展示しているジュラチックアクアリウムのコーナーに新しい仲間が増えました。

こちらになります。

 

 

 

Img_1828

 

 

 

はい。 

ゴキブリです。

 

ゴキブリは約三億年前に出現したとされており、立派な「生きている化石」なんです。

写真のゴキブリはマダガスカルゴキブリという種類で、名前の通りマダガスカルに生息しています。

果実を主食としていることから、「フルーツゴキブリ」という別名もあります。

日本でよく見るゴキブリよりも大きいので、見慣れると日本のゴキブリが大したことないじゃないかと感じるようになるかもしれません(笑)

 

坂本

 

2016年10月18日 (火)

-378- 拝啓 僕は元気です

みんな大好き海洋館内の大水槽にはサメやエイがいますが、その他にイワシの仲間である「マイワシ」が泳いでいます。イワシは魚に弱いと書いて鰯(イワシ)と読み、字のごとく自然下でもあまり強い魚ではありません。
そんなイワシとサメ・エイが入っている水槽をお客様が見て、よく「イワシはサメに食べられないの」と尋ねられることがあります。海洋館での質問ランキング断トツの1位です(多分)。
 
そして質問の答えですが「食べられます」。えぇ食べられますとも。
 
サメ・エイは夜行性の性質が強いので主にお客様の帰られた夜のほの暗い大水槽で活発に動き出します。ですので主に夜間に捕食していることが多いです。ちゃんとサメ・エイにサバやイカナゴの切り身を与えてはいても食べちゃいます。
また弱って死んでしまったマイワシも食べちゃいます。
従って大水槽のマイワシは徐々に少なくなっていきます 
 
というわけで先日マイワシを補充しました
Pa101512
Pa101514
 
マイワシはどうしても弱い魚で数が少なくなってしまうので、越前松島水族館では定期的に補充しています。年に2~3回くらいですかね。
 
というわけで現在マイワシが見頃となっております。
 
ちなみに今回はマイワシに混ざって「マサバ」が一緒にやって来きました。マイワシの群れの中にマサバが(極)たまに見えることがあるので探してみて下さい。マサバはだいたい20匹ぐらいしかいないので隠れキャラ的ポジションです。
 
写真をよーく見てみたら………    うん。全然わかりませんね。
 
 
コーチ

2016年6月27日 (月)

-373- 梅雨

福井県も先日梅雨入りしました。

さて、梅雨と言えばみなさんご存知「じゃぶじゃぶ海水プール」の大掃除ですよね。知りませんよね。

当水族館では夏休み前の今の時期ぐらいに(ざっくり)じゃぶじゃぶプールの魚を移動して、水を抜いて、大掃除を行います。

ビフォー

Dsc_0258

汚れとりますなー

↓からの

アフター

Dsc_0260


まぁ、なんということでしょう。こんなにきれいになりました。(疲れました)

「よし、綺麗になったし、これで毎日の掃除がサボれるぞ!ヒャッホ――」

って事にはならないですよ、これが。じゃぶじゃぶプールの閉鎖中は再オープンのために汚れた壁や床のペンキを塗ったり、漁師さんに魚をいただきに行ったりしなければならないのです。代わりの仕事が満載なのですよ。

というわけで現在じゃぶじゃぶプールは閉鎖中ですが再オープンは7/6予定しております。ただし天気の影響で変更になるかも知れません。床や壁が乾いてないとペンキが塗れないんですよね。気になる方は電話にてご確認お願いします。

さぁみんな、大好きなじゃぶじゃぶ海水プールにおいでよ(7/6以降に)。

もちろん7/6より前でも皆様のご来館を心よりお待ちしております(キメッ

コーチ

 

2016年6月26日 (日)

-372- ファインディング的な

当水族館のおさかな館には「アイドルフィッシュコーナー」と呼ばれる場所がありまして、そこにこんな魚がいます↓


P6020412_2


そう、みんな大好き「カクレクマノミ」です。通称カクレ。

そんな大人気なカクレを見るお客様の8割ぐらいがこの魚のことを「ニモ」と言うわけですよ。「ニモ」というとあれですね、あの大人気映画「ファインディングニモ」ですね。映画の影響か「カクレクマノミ」=「ニモ」という認知度は老若男女問わず相当なものですね。映画の影響力半端ねー。

さて、さらにカクレ水槽に入っている、ある仲間を紹介したいと思います。それがこの子↓

P6020414_2

シリキルリスズメダイ」です。通称シリキ。カクレクマノミと同じスズメダイ科の魚です。3cmぐらいの大きさです。青い体に黄色い尾びれが特徴です。この魚を見たお客様の8割ぐらいが言いますドリーと…  なるほど青いし黄色いしこれは確かに「ドリー」だね…って

言わせて頂きたいこいつはドリーじゃねぇから(意:この魚はドリーではありません) 

いいですか「シリキルリスズメダイはドリーじゃありません」  大事な事なので2回言いましたよ!

青と黄色の魚が「ニモ」と泳いでたら、そいつは「ドリー」だって?全然違うわ!!「ドリー」のモデルは「ナンヨウハギ」というハギの仲間です。お間違えなきよう。ホントみんなシリキを「ドリー」て言い過ぎ。

で、上に出たナンヨウハギですが当水族館になんと………      おりません…(な、なんてこった)←近いうちに水族館に来るかも

ということでもうすぐ「ファインディングドリー」という映画が公開されるようですので、映画館でドリーをチェックした後に水族館で「シリキルリスズメダイ」をご覧ください。最高の夏の予感がしますね。  

最後は映画館の回し者みたいになってしまいましたが、結局何が言いたいかというと、みんな「シリキルリスズメダイ」のことを間違えないであげて、よろしくどうぞ。

コーチ

2016年6月 2日 (木)

-369-新キャラ

最近全然ブログ更新してませんでした。すいません正直さぼってました。

えー今回は最近水族館に来た新キャラを紹介したいと思います。

まずはこいつ↓モンハナシャコ

P60204101jpg

はい、画像荒いですね。私の実力では天下の一眼レフを使ってもこんな写真しか撮れません。

某ゴキブリ漫画で大人気のモンハナさんです。破壊力抜群のシャコパンチが魅力のモンハナさんですが、水槽内でされると水槽のガラスが「パリン」なので実際されると困ってしまいます…  一応割られないために水槽に対策はしてます(発砲スチロールで)

次はこの子↓コウイカ

P6020396

マクロレンズを使ってもこの画像!!荒いですね。アカン。

このコウイカは水族館生れの現在生後3週間程度の個体です。だいたい全長5mmくらい。ただ私まともにコウイカを飼育するのが今回初めてなものでどのぐらい展示出来るか謎です。気になる方はお早めに。水槽内には10匹ほどが展示されてますが、実はバックヤードには100匹ぐらいいますよ。

続いては↓こちら

P6020391

もはや生物の写真でもないです。この中にはヒカリキンメダイなる魚がいます。眼の下に「発光器」という器官を持っていてそこにすむ「発行バクテリア」という、ちっさい生き物が光ります。  というわけでようは光る魚がいるわけですよ。周りが明るいと光がよく見えないので水槽に目隠しをしてのぞき窓を付けているのが上の写真です。当館にやってきたのは5年以上ぶりかな?←うろ覚えです。  15匹いますよ。

そして最後に↓激レア種
P6020407
            ↓

            ↓

            ↓

タカハシです。
P6020390_2

一番うまく撮れました(AFで)

3月から当館にいるタカハシですが全国の水族館でも、なんとこの越前松島水族館でしか見ることができません。大変貴重ですね。ただし水槽でじっとできない性格なのか常に水族館のどこかを動きまわっています。

※3月後半から魚類係として入ったニューカマー「高橋一樹」氏 24歳 独身

水族館で見かけたらぜひ声を掛けてみよう 危険じゃないよ!

 

                                                コーチ

その他のカテゴリー