« -201-名前も華やか「ハナデンシャ」 | トップページ | 203 クラゲとアオリイカ »

2010年10月27日 (水)

-202-ナガレタゴガエルを探して

現在、福井県に在来するカエルは13種が確認されています(ウシガエルを除く)。その内、越前松島水族館にて展示しているカエルは11種。残りの1種(ニホンアカガエル)はバックヤードで待機しており、もうすぐ展示予定です。そして最後の13種目となるカエルとは「ナガレタゴガエル」。この「ナガレタゴガエル」が曲者なのです。

「ナガレタゴガエル」福井県においては昨年発見されたばっかりで、情報がほとんど無いカエル。世界においても珍しい渓流性のカエルで、秋に川辺に集まり入水→雪深い冬は水中で凄し→雪も溶けない早春に産卵 それ以外の時期はどこに居るのか分りません。とても不思議に満ちたカエルなのです。 その生活史ゆえに発見が難しいカエルなのです。

しかし!是非こんなカエルを皆様に見てもらいたい!越前松島水族館に行けば福井県在来のカエルが全部見れるんだよ!って言ってもらいたい。頑張りました。3年間かかりました。(2009年秋までは福井で発見例が無い為、石川県などで調査)ある時は雪山に登山し、ある時は山道を5時間以上歩き、ある時は隣の沢にクマが居たり、ある時は違うカエルが居たり......... 走馬灯のように思い出がよみがえります。 そうです。とうとうやりました。「「ナガレタゴガエル」」を見つけました。

9191p1010609

見つけたときの感動は言葉では言い表せません。


929992p1010631

ん?普通のカエルにしか見えない?確かにたまに見かける「アカガエル」に非常に良く似ています。しかしノド元の模様や水かきが大きいことなどが異なっているんです。何と言っても繁殖期の体が...... ブヨブヨになるんです( ̄○ ̄;) 皮膚がたるむんです!一度は野外で見てみたいものです。 さてこのカエルが居る環境が渓流っと話しましたね。こんな感じです↓

9393p1010541


夏は涼しいのですが...... ここ最近は恐ろしいぐらいに寒いです。 本日は低気圧のせいで気温が1.3℃まで下がりました( ̄ー ̄; そのおかげ?せい?もあり、山の上では紅葉が始まっていました。

9494dsc05002

道際ではススキが穂を垂れ、山ではトウカエデが黄色に色づき、ミズキが赤くなっています。紅葉を楽しみに行く皆様、頭の片隅にカエルのことも入れて山へ出かけてください(笑) 「ナガレタゴガエル」の展示は今しばらくお待ち下さい。現在、急ピッチで展示へ向けて準備しております。水族館にて福井県在来のカエルが一同に観覧できる日もスグです!


もも

« -201-名前も華やか「ハナデンシャ」 | トップページ | 203 クラゲとアオリイカ »

かめ・かえる」カテゴリの記事